鬼龍院花子の生涯 (1982) / Onimasa

『鬼龍院花子の生涯』(きりゅういんはなこのしょうがい)は、宮尾登美子の著した長編小説である。大正、昭和の高知を舞台に、侠客鬼龍院政五郎(通称・鬼政)とその娘花子の波乱万丈の生涯を、12歳で鬼政のもとへ養女に出され、約50年にわたりその興亡を見守った松恵の目線から描いた作品。1982年(昭和57年)6月5日に封切り公開。製作は東映。宮尾登美子最初の映像化作品。配給収入は11億円。
キャスト:仲代達矢、夏目雅子、岩下志麻、夏木勲、室田日出男 ほか
 ・ amazon : 鬼龍院花子の生涯 (1982) / Onimasa
 ・ amazon prime : 鬼龍院花子の生涯 (1982) / Onimasa
 ・ Hulu : 鬼龍院花子の生涯 (1982) / Onimasa
 ・ U-NEXT : 鬼龍院花子の生涯 (1982) / Onimasa
 ・ dTV : 鬼龍院花子の生涯 (1982) / Onimasa
 ・ Youtube : 鬼龍院花子の生涯 (1982) / Onimasa

鬼龍院花子の生涯 (1982) / Onimasaのあらすじ

幼い松恵が林田恒吉(鬼龍院政五郎。通称・鬼政)の家族へ養女として迎えられるくだりから物語は始まる。やはり少年時代に関西へ移り無宿渡世の門をくぐった恒吉(鬼政)は故郷に戻り乾物商の看板を掲げながら興行を成功させ世間の耳目を引く一方、小林佐兵衛の薫陶を受けたところから米騒動や労働争議の調停にも顔を出し売り出していく。高知の紳商財閥として川崎と覇を争う宇田の殿様(宇田友四郎)を背景としてまさに華やぐ日々を送る鬼政だが、妾のつるとの間に待望の実子の花子を得たあたりから陽が傾いていく。

一匹狼のやくざ者である荒磯との抗争が原因で一家の多くが収監されたことを期に、その人生は急速な下降線を辿る。鬼政とつるの急死、そして鬼龍院一家の二代目すなわち花子の新婿となった権藤の死によって、花子もまた極道と人生の荒波に翻弄されることとなる。極道の養女となった自らの運命を早くに達観した松恵は、その鬼龍院一家の興亡に自身もまた翻弄されつつ、その最期を見送るのであった。

関連記事

  1. 出所祝い (1971) / The Wolves

  2. 暴力街 (1974) / Violence Town

  3. 陽炎 (1991) / Kagero

  4. 極道の妻たち (1986) / Yakuza Wives

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。